とてもクリアな英語で日常英会話が学べる動画

 

ファンキーアコです。

 

アメリカ英語になりますが、とてもクリアに発音されている日常英会話を学べる動画をYou Tubeで見つけました。

 

 

この動画を使った練習法を、レベルごとに説明してみます。

 


英語初級レベル用の使い方


こちらはビギナー用の教材らしく、英語が映画やドラマと比べると非常にゆっくりと発音されています。

 

とてもクリアに発音されていますが、それでもまだ英語の音に慣れていない段階では聴きづらいと感じる場合があるかも知れません。

 

それでも画面の下の方に字幕が出るので、それと見比べながら聴き進めることができます。

 

音声だけを聴いても何を言っているのかわからない場合でも、字幕の助けを借りながら何度も音と字を見比べているうちに最初の頃よりも理解が進むのを感じることができると思います。

 

※字幕を理解するために、中学英語の文法の知識は必要です。

 

私は映画を観ているとき同様に、とても聴きづらい部分を英語字幕の助けを借りつつ練習しています。

 

文字を見てしまうと英語の発音に支障が出るという意見もあるようですが、それは発音を自己流で誤って行ってしまっている場合かと思います。

 

英語らしい音を作っている音同士つながりや脱落などの影響で必ずしも文字の表記のように発音されないという知識がない場合は、聞こえてくる音と字幕の文字が一致しないと認識することになり、混乱することなども予想されます。

 

一番大切なことは、

 

耳で聴いたままに発音をマネしてみる

 

ということなのですが、文字の認識に影響を受けてしまう場合などは、発音に関して知識のある(発音の注意点を理解していて同様の音が出せる)人に仕組みを教えてもらうというのが一番効果的でしょう。

 

一度仕組みを理解してその音を聴いたり発音したりできるようになれば、他の同様の仕組みの音も聴けるようになるので、全体的に聴き取りの力がぐっと伸びます。

 

何度もその繰り返しをすることで、だんだんと聴ける音が増えて行くというわけですね。

 

少しずつ文字を見て内容が理解できるようになってきたら、短めの決まり文句的なものを繰り返し言って練習することもできます。

 

この動画は基本的で比較的簡単な英語表現のみで構成されています。

 

実際の会話となるともっと複雑な言い方などが容赦なく出てくるので、ここに出てくる表現だけをわかるようになっても、必ずしも他のドラマや映画がみんなわかるわけではありません。

 

実際私自身、英語を学び始めて1年後に初めてネイティブ講師のいる英会話サークルに参加したとき、1年学んだNHKラジオ講座(中1・中2レベル)が聴いてわかる(同じことを言えるだけのスピーキング力は当然まだ付いていませんでしたが)状態だったので、てっきりサークルでも聴き取りは問題ないだろうと思い込んでいたのですが、実際の場ではテキスト以外の表現も網羅されるので非常に難しく感じ驚いたものでした。

 

考えてみたら当たり前なことなのですが(苦笑)。

 

しかし、まずは『わかるもの』を増やしていくことが大切です。

 

そして将来的に速く容赦ない英語を聴き取れるようになるのも、まずはゆっくりとしたものがきちんと聞き取れて理解できることの積み重ねです。

 

そのために、発音がとてもきれいで表現がオーセンティックで字幕まで付いている、このような題材をおススメします。

 

 


中級レベル以降用の使い方



なぜか?舞台がアメリカから台湾に移動しています?

 

途中で日記を読み上げる箇所があるので、日記の書き方も参考になります。

 

これ以降のシリーズはまとめの下に貼ってあります。


まとめ


このような英語学習教材の動画はYou Tubeによくアップされています。

 

台湾などアジアの国が制作した語学番組などを観ることもできます。

 

以前中国が制作したらしい興味深い教材をYou Tubeで見つけて、英語がとても気に入ったので、中国のアマゾンで探し出し購入しました。

 

訳が中国語だから当然どこにも日本語がない!(苦笑)

 

そして実際のMPファイルの音声はある意味スゴイクオリティだったというオチ付き(笑)

 

なかなか中国の英語教材を見る機会はないと思うので、興味深いかと!


 

今日紹介した動画シリーズを観ていると、他の英語圏のドラマや映画でもそうなのですが、みなさん表現がとても豊かで、そんな雰囲気に英語という言語が実にマッチしているなぁとつくづく感じます。

 

控えめに表現することが美とされる傾向がある日本語とは、そんな部分も対極にあるのかも知れませんね。

 

そういう部分も、日本人が英語を学ぶ際に壁となっている気がやはりしてしまいます。

 

私は英語のとてもポジティブで、自分のことすらもあっけらかんと躊躇することなく自画自賛してしまう特徴がとても好きです。

 

英語の中でも特にやはり明るい表情を感じるアメリカ英語が大好きで、幼少期に観たセサミストリートの何とも不思議な雰囲気の思いでに永遠の憧れを感じてしまうのですが。

 

せっかく英語を学ぶのだから、英語を話すときは日本語を話すときとは別の人格になりきってしまいましょう!

 

日本語では(特に人前で)決して言ってはならない(?笑)

 

I'm proud of myself!

 

というセリフなども全然ありです(*´◡`*)

 

日本語以外の言葉がわかるという感動は、その言葉を話すことなく育った人だからこそ感じる喜びでもあると思います。

 

一生終わりのない旅路ですが、

 

この言葉をどこから調理してやろうか?

 

(ちょっと言葉が悪いですが)

 

という楽しみを常に感じながら英語学習を続けて行きましょう!

 

 

 

このような面白そうな番組もありました。