アンケート回答とファンキーアコの人生観など紹介します!

■アンケート回答とファンキーアコの人生観など紹介します!

 

今回もアンケートに、嬉しいメッセージ・質問などをいただきましたのでシェアさせていただきます。

※アンケートに回答いただいた場合は、個人が特定できない形でご紹介させていただく旨は、アンケート回答時に表示される個人情報の取り扱いにて表示させていただております。


【質問1】英語でつまづいたこと、苦労したことを教えてください


■学生の頃から英語が一番苦手でした。まず文法の違いでまずつまずきました…単語は全て覚えられても、そこから文章を作る事が出来ません。英語を覚えられたら人生がうんと広がるのだろうと思いつつ、この年になるとまずはどこから勉強を始めれば良いのか…。あこさんに、まず初めにどんな勉強をすれば良いのか、どの書籍がオススメか、どういった事をすると英語が上手くなるのかを教えて頂きたいです!

 

 

まず、chibiさん、アンケートに回答をありがとうございます!

 

では順番に回答させていただきますね。

 

 

ー文法の違いでまずつまずきました。

 

これは文法がいまいち複雑で、細かい時制などの違いがごちゃごちゃになってしまった…という感じでしょうか?

 

それでしたらたぶん『量をこなす』部分が足りていないと思われるので深刻ではないです。文法が本当に腑に落ちるのは文法事項の説明を頭で理解したときではなく(もちろんこの時点で理解できていれば以降より楽になりますが)、実際にその文法の使われている文章をいくつも読んだり耳にしたり、実際に自分で文章を作ってみたり、それを口に出して何度も読むという作業を経ることで落とし込まれて行きます。

 

私たちが母語の日本語を、文法知識がないのに自由に操れるのは、まさにこの逆の状態ですね。まさに『慣れ』により文法事項を意識しなくても細かい違いを理解してそれを正確に使うことができるようになったという。

 

これからしっかりと学ぼうとしている外国語と、自由に使える母語を比べるのは少し極端な気がするかも知れませんが、外国語であっても慣れにより『感覚で』細かい文法がわかるようになれますし、外国語が自由に使えるというのはいわばそういう状態のことを言うのだと私は認識しています。

 

今までの学習法が英語を話すためには効果的ではなかったということだけなので、あらたに文法をやり直す(知識だけでなくそれを使えるようになる練習を含む)ことで、いつからでも文法を克服することはできますよ!大丈夫です!

 

 

 

ー単語はすべて覚えられても、そこから文章を作ることができない

 

これはまさに『英語脳』『英語回路』というものが構築されていない状態だから起こる自然な現象です。『文章の組み立て方』というものを習得しない限り、単語の知識だけがあっても文章を作って話す(書く)ことができません。また、この状態だと聞く(読む)ときに(文章のつくりではなく)知っている単語だけをピックアップして理解するという状態になるため、全く反対の意味に理解してしまうことが起こり得ます。

 

例えば以下の2つの文は、全く逆の意味になってしまいますが、たとえ"water"という単語が聞き取れたとしても、文章の構造がわからなければ、どちらの意味かわからないことになってしまいます。

 

We have a little water.

(水が少しある)a little =少し

 

We have little water.

(水はほとんどない)little =ほとんどない

 

 

この『英語脳・英語回路』ができていない状態で単語だけを詰め込むデメリットについては、以下の動画でお話ししています(もうご覧いただいているかも知れませんが!)。私自身は英検1級の1次試験を受かった時点でも、まだこの『英語脳・英語回路を利用して文章を組み立てる』ということができず苦悩していました。

 

私の場合は、英検1級の2次試験スピーチ準備をする際に、自分の考えを自由にまとめることができず、それがどういうことなのか、何が原因でそうなっているのか、そもそも英語を話すということがどういうことか、よくわかっていない状態で愕然としました。

 

英語を始めてものすごく時間が経過していたにも関わらず…で、少々お恥ずかしいのですが…。

 

英語を母語とする子どもは、その逆で、回路はすでにできているけれど大人が知っている単語を知らないという状態ですね。基礎の状態としては確かに英語圏の子どもの方が優勢です。単語さえレベルアップすればより高度な表現ができるからです。

 

でも大人のやり直し英語でも、練習次第で英語の回路を作ることは十分に可能です。

 

 

 

そして

 

―単語は全て覚えられても…

 

覚える作業は絶対に必要なので、単語が覚えられることはとても役立ちますよ!

 

そしていざとなれば、『単語のみを並べてでも通じさせる度胸』も大切です!

 

『自分ができること』はどんどん前向きにとらえて行きましょう!

 

 

 

 

 

ー英語を覚えられたら人生がうんと広がるのだろうと思いつつ

 

広がりますよ!!!

 

まずものの見方が一つの言語で一つだとすれば単純に倍になります。

 

…いや、相乗効果で倍以上の効果があると確信します。

 

特に日本語と英語は言語の形態(文法や発音など)も真逆なほどの違いがありますが、言語だけでなく文化の背景にも大きな違いがあります。日本は『言わなくても察してほしい』文化であり、英語は『論理的に相手にちゃんと伝える』文化です。その点においての理解もないと、ただ口から英語らしきものを発するだけで『相手にぜんぜん通じない言葉』になってしまいます。

 

言語も文化も大きく違う。

 

日本人にとって英語の習得は一筋縄ではいかない所以ですね。

 

でも、だからこそこの2つの言語センスと思考を身につけることで、今まで日本語だけで生活していた人生とはまったく違う側面の人生観を身につけられると私自身実感しています。

 

だから、正しい方向に学習を進めていますと、英語習得の過程で『日本人らしさ』というものをいやと言うほど認識しなくてはいけない機会をえます(苦笑)。そしてその『らしさ』にいらだちを覚え否定したくなります。

 

例えば主語や目的語を明らかにせずにぼんやりとした話の展開の仕方をする傾向とか、自分の考えを明確にせずに、周りの状況を伺ってとにかく協調・同調することに重きを置く思考の仕方とか…いろいろ。

 

自分は英語を勉強しているのだから違う感じ方をする!

 

自分はそういうやり方はしない!

 

というように、おもむろに苛立つことすらあります。

 

特に日本人と話しているとき(苦笑)。

 

たぶん日本人としては自己主張が強すぎる状況かと(汗)。

 

やたら覚えた英語をこれみよがしに使ってみたくなるのもこの時期(笑)。

 

でも更に英語の学習が進んで自分の英語力が上がっていくにつれ、このあがきはだんだんと落ち着きを見せ、自分が日本人であることをより意識し、2つの文化のそれぞれを冷静に感じることができるようになってきます。

 

そして、だんだんと英語の見せびらかし時期は終息を迎えて行きます(笑)。

 

そしてエキスパートの域に達すると、日本語と英語の文化をそれぞれ理解したうえで、それぞれの言葉を話すときには文化背景・思考をうまく使い分けることができると言います。

 

ここまで来ると無題に必要のない場所で英語を話すという行為に出ようという邪念すら浮かばないでしょう(笑)。

 

かくいうワタクシは、いまだに日本人の曖昧さにいらだちを覚えることがあるので、まだまだ修行が必要だと感じています(笑)。

 

 

そして外国語を話すという上で興味深いのが、母語を話すときと外国語を話すときで、自分のパーソナリティが微妙に違うという体験ができることではないかと思います。

 

ぶっちゃけ母語を話す自分はちゃんとした大人で、外国語を話す自分の方がやっぱり舌っ足らずで幼い感じではあるんですが、母語の訛りのある外国語を話す自分は、自分が想像するよりもチャーミングなものかも知れません。

 

いずれにしても、これも外国語を学んでいないとできない貴重な体験だと思いますし、それぞれの言葉(私の場合は日本語・英語・中国語)での違った自分を楽しめるのが楽しみで、練習をがんばろうと思えます。

 

 

 

しかしながら英語という言語や英語での思考を学びつつも結局は『母語の日本語』が大切だということに改めて気づかされます。大人のやりなおし英語(外国語)においては特に、英語(外国語)が母語を上回ることはないと言いますので、英語の伸びは母語の日本語の能力を基礎として培われます。

 

 

日本語を疎かにするものは英語をも疎かにする――。

 

 

これは何を隠そう私の格言です(笑)。

 

英語(外国語)を学び出すと、日本語が大切ということを思い知らされる機会となり、意識をして日本語を見つめるので日本語の語感・日本語での思考も上達していきます。日本語だけ上達させても英語(外国語)に奇跡は起きませんが(当たり前)、英語(外国語)を勉強する過程で母語を見直すことにより、一層母語が磨かれ外国語の語感にもよい影響が起こります。

 

逆に言ってしまえば、母語の日本語が意味不明な場合、外国語も残念な結果になってしまうことがあるだろうと私は想像しています。

  

 

 

 

 

 

 

小難しい話だけでなく、英語が理解できることで、話をしている人の言葉のチョイスでその人自身をより深く知ることができるのは、言語を理解できる一番の醍醐味ではないかと私は思います。当たり前ですが自分にとって理解できない外国語ではまったくできないことであり、英語を勉強しなければできなかったことです。

 

自分にとってはまだまだの英語であっても、自分の母語以外の言葉でこういうことができるというのはとても興味深く、今までの努力に対するご褒美と嬉しく思います。

 

同様に、映画や書物など、原語でそのままのニュアンスを自分で感じられるのは、外国語を学習する上でこの上のない喜びだと思います。

 

上記以外にも外国語を学ぶことで人生にメリットになることはあると思いますが、いずれにせよ人生を何倍にも膨らませることができるのではないでしょうか!!

 

だから…

 

 

ーこの年になると…

 

これは禁句にしていただきたい!!(笑)

 

年齢はたぶん関係ないと思います。たぶん…というあいまいな言葉を付け足したのは、科学的にはどうなのかはわからないからですが、年齢以上に大切なものがあるから、年齢は関係ないと私は言いたい。

 

その『年齢以上に大切なもの』とは…

 

 

★情熱★

 

 

です。

 

本当に自分がなりたい!と心から願えば、たとえ若くとも情熱がない人よりはずっと上達が速いと思います。

 

比較対象が

 

『自分のより若いときと比べて』

 

であればどうかって??

 

 

その比較と、その後に出るであろう『はぁ~』というため息もこの際はナシです(笑)。

 

なぜなら、『たられば…』は現実にはないからです。

 

私自身、今の年齢になったからより一生懸命(と言うか必死・笑)に集中できるということが現実にあるんですね。今より若くて選択肢がより多くある頃にはできなかったろうと思うんです。

 

そうすると、若ければいいというものでもないのだなと納得できます(苦笑)。

 

 

 

 

―この年になるとまずはどこから勉強を始めれば良いのか…。

 

ああ、『この年になると…』は『まずはどこから勉強を始めれば良いのか…』にかかって来ていたんですね?(汗)

 

でもしかしながら、『この年になると』というのはもしかすると『学生として英語を学ぶ機会を失った自分の年齢で…』という意味だとしましたら安心してください。

 

学生でもたぶん学校では、英語を話せるようになるための指導というものは行われていないんじゃないかと思うので、やっぱり学生であるとか年齢とかは関係ないです。

 

そして30代という年齢を気にしておられるのであればそれも安心してください。

 

私は28歳から英語を始めましたが、30代後半~40代半ばはウロウロしてたいした勉強はしていませんでしたし、50代になってから中国語を本気で勉強しています。

 

要するに私ほど時間をかけなくても英語は習得できるということです。

 

(私は時間がかかりすぎです)

 

私自身は外国語は(その人の生活環境によって違いはありますが、2年~5年で十分流暢になれるのではないかと思っています。

 

残念ながら自分はすでに英語に長い年月をかけてしまっていますので、今年5月から再勉強を始めた中国語を実験台にしようと試みているところです。

 

中国語は学校では習わなかったため完全独学ですので、これで今の自分の英語のレベルまで上達させることができれば、私が実践する外国語学習法は効果があるという証拠になりますね。

 

 

話がついつい横道にそれてしまいますが、30代であればこれから新しい外国語を2~3つ(自分が望めばもっと!)は習得できる年齢ですので、『この年齢から…』という言葉はchibiさんの辞書から完全に消し去ってください(笑)。

 

必要なのは『なりたい自分をイメージ』して『日々継続して学習(および練習)を行う』ということだけです。

 

 

 

 

ーまず初めにどんな勉強をすれば良いのか、どの書籍がオススメか、どういった事をすると英語が上手くなるのかを教えて頂きたい!

 

ここがキモですよね。私の活動にとってもそうです。

 

ここは再度じっくりと記事を書きますのでもう少々お時間ください!

 

 

 【追記】

次々と記事をアップしております!以下ご覧ください。



 ■大人の英語やり直し―どこから始めるのがいい?私の経験を通してお話しします。


 

 

こちらのサイトマップでブログの全記事が見られます。

 

 

 


【質問2】ファンキーアコのこんなところを真似したい・ファンキーアコに教えてもらいたいことはナンですか?


■歳を重ねても色んな事を吸収する事が出来るのだという事を実感しました!あこさんの動画を見てると、30代に突入した私にも、もしかしたらもっと色々な事を吸収する事が出来るんじゃないかという気持ちになります!

 

 

嬉しいお言葉ありがとうございます。私自身がchibiさんの言葉で励まされて、何やらいろいろやる気になっております(お調子ものなので・笑)。

 

 

 

―30代に突入した私にも…

 

30代…若いです(笑)。しかしながら年齢は相対的なものなので、自分よりも若い人と比べたらいつでも自分は若くはないし、自分よりも年上の方と比べたら自分は若いというだけのことではないかと思ってます。

 

私が憧れるのはイキイキとした気持ちの若さ、いつでも自分の人生に希望を持ってチャレンジし続けるマインドです。

 

 

しかしながらやはり私にとって30代は若いです(笑)。羨ましい(*´◡`*)

 

そして何か思ったときが行動するときです。まだまだ私の年齢までにも20年あります。20年あれば2つくらいのことを真剣にやっても、外国語でなくても何でもプロになれる時間だと私は思っています。

 

自分にとっても50代は生まれて初めての経験なので、いろいろとうろたえることもあるのですが(苦笑)、残りの人生にどのくらいの時間があるのかもわかりませんので、日々真剣に生きざるを得ません。

 

私はつい先日、人生において初めて『今日死ぬか?』と思った出来事があったのですが、そのおかげでいつ死んでもおかしくないんだという認識を強く持てるようになりました。今は体調がごく普通によく過ごせる何気ない毎日こそが自分にとっては何よりのご褒美で、だからこそ毎日せっせと語学やピアノなどの練習に励もうと必死になっています。

 

 

■人はいつ死ぬのかわからないのだなと実感した件

 

■死にかけて?『初体験』が盛りだくさんという話

 

 

 

あの経験がなかったら、そして若い頃の自分ならこんな風に思えなかったと思いますので、経験することは何でもムダということはないのだなぁと思います。それをどう活かすか、それこそが自分次第なのだと思います。

 

 

 

 

ーもしかしたらもっと色々な事を吸収する事が出来るんじゃないかと…

 

全然いっぱいできます!!!!

 

自分に制限をかけてはいけませぬ!!

できます!!

してください!!!!!

 

 

 


■後、髪型が素敵!


 

 

ありがとうございますー!

 

この髪型がファンキーアコのきっかけとなりました。たまたま飛び込んだ自宅近くのサロン(Glück グルーク)で、Creative Directorの福田拓郎氏にいつもとても斬新なアドバイスをいただいて実現しています。

 

…しかしながらこれを書いている現在は、ずっと引きこもり状態でサロンから遠ざかっているためお見せできるルックスではございません(笑)。

 

動画復活の頃までには髪型をキメねばと思っております。

 

 

 

 

 

 


■英語の動画の他にも、素のあこさんがもっと見たい!日常や、あこさんの人生観なんかも聞きたい!


 

 

おおーーー!!

そんな風に言われたのは、人生で初めて(かも・笑)知れません!!

 

照れますな(*´◡`*)

 

 

 

―素のあこさんがもっと見たい!日常や、あこさんの人生観なんかも聞きたい!

 

おおーなんとストレートな!(笑)

やはりchibiさんは大変に素直な方とお見かけいたしました。

素直な方は外国語学習の上達が速いですよ!

 

 

こちらのブログでは英語だけでなく、かなり素をさらけだしているかと思いますが、また動画などでも追々思うところなど紹介せていただきますね。

 

 

また少しわかりづらいのですが、こちらのサイトマップで、このHPブログの全記事が見られます。

 

 

 

 

 

人生観と言えば…

 

(語らせると長くなるから…やめさせた方が…笑)

 

 

自分は特にこれといった人物ではないです。

 

もっと若い頃は

 

『自分はいったい何のために生まれて来たんだ?何も成しとげられていないじゃないか』

 

と嘆いたことも数知れずありました。

 

もともとクリエイティブな思考の持ち主で(自分で言うかですが)、あれもこれも自分の手で作りたい願望が強く(例えば服とか料理とか音楽とか何でも)、自分を代表する作品を生み出したアーティストになれていないことに対する漠然とした焦りや憤りのようなものだったと思います。

 

 

でもあるときからこの考えが変わって来ました。

 

 

 

幸運なことに子供たちをこの世に残すことができていますし、先日の死にかけた?経験など、いろいろな事態を通して、とにかく毎日何気なく生きていられることにまず幸せを感じるようになったんです。

 

そして今こうしている間にも刻々と、自分の体は自分を生かすことだけを最大の目的にがんばっている。発汗などによる体温の微妙な調整や、痛いのはゴメンだけど体調の変化を警告してくれる口内炎や、鼻呼吸によって外部からウィルスが侵入しないように戦ってくれている多く鼻毛たちや粘膜の働きさえも愛おしく感じるようになったんです。

 

自分の中の小さいものに目を向ければ向けるほど、その人知れない驚異の世界に感動するのです。

 

そういうちっちゃなモノたちが、自分を生かせるために坦々と自分たちの役割をこなしているんだと!

 

 

昔の自分なら

 

『そんなの誰にだって同じように起こっているじゃん。自分だけ何も特別じゃないし!』

 

って不服に思ったでしょうね。

 

 

でも今の自分はなぜか、そういうことが貴いと思えるから不思議なものです。

 

 

 

 

でも、小さくて静かな幸せに目を向けるようになったのと同時に、自分はやはり『世間でよく言われるところの幸せ』というのからは少しはずれたところにいるかなとも思います。

 

要するに『物質的にはあまり多くを持っていない』ように思うのです。

 

そういう『世間一般のモノサシ』からすると、自分は自慢できるものが少ないのですが、逆にだからこそ頑張れるという事実があるのも本当です。

 

例えば自分が満たされているときは、私は動けない体質のようなのです。ナマケモノになると言いますか(苦笑)。そういう意味で、足りないものがあればあるほど、なぜかその状態を昇華させようとシャカリキになる体質みたいでして。それが腑に落ちてから皮肉にも生きることがよりラクになりました。

 

『自分が持ちたいモノ』のために、『自分には持てないモノ』を、潔く諦めることができるようになったのかも知れません(苦笑)。

 

 

 

そして女性の年齢のことを書くと気を悪くされる方がみえるかも知れないですが(他意はないです!)、先ほどからもお伝えしているように、自分にとっての50代は初めての経験で、正直なところ少し戸惑うこともありました。

 

ぶっちゃけ言ってしまうと、

 

女性としてこれからの自分ってどうよ?

 

というような不安。

 

 

自分は特に今ひとりなので、寄る年波に頼るパートナーという意味ではやっぱり少し不安になることもあるわけですね。過去に結婚していたこともありましたが、50代になって初めて、夫婦でいることの意味が少しわかった気がしました。要するに若いうちはワガママでくだらないことでしょっちゅう喧嘩をしたりしていても、実際にお互いを必要とするのはもっとずっと先の話なんだってことに、若いときは気付けなかったんですね(だからと言って別に戻りたいわけではないが・苦笑)。

 

そしてまた皮肉なことに、そういう本質的なことは若い頃には見えない。。

 

自分には幸い娘たちがいるので一人ぽっちではないんですが、これから女ひとり生きて行くのか…と思ったときに、自分の人生のシフトチェンジをせねばと思ったんですな。

 

いつまでも女を武器にはしていられない

 

…と。

 

(してたのか?って話ですが・笑)

 

 

 

 

そのもう一つの大きなきっかけになったのが、私自身ファンでよく聴いていた名古屋で有名なラジオのパーソナリティー2人(どちらも男性40代)が、熟女に対し『用無し』的な発言をしていた出来事。

 

 

『ペットショップに成犬が売っていても誰も買わんやろ?』

 

 

的な。

 

若くなきゃまったく意味がない的なことを言っていたんです。。

 

2人同時期にそのような発言をしていて…。

 

あ~ファンだったのに…(涙)。

 

正直とってもショックでした…。

 

(私じゃダメなんだって……そこ!? 笑)

 

 

でもそれをきっかけにシフトチェンジをせねば!と真剣に思いましたので、結果的にはよかったと思います。

 

 

今自分のライバルは他の誰でもなく自分自身です。なりたい自分に対してどれだけ真剣に向き合うことができるか、自分の将来をどれだけ自分が変えたいのか、大事なのはそこだけです(カッコよすぎ!笑)。

 

そしてロールモデルは、私よりも年齢が上でイキイキエンジョイ♪してる素敵な女性たちです。(素敵に生きる女性は年齢関係ないですが!)

 

 

 

 

 

ああ、そして私はそのたびまた一つ強くなる…笑

 

 

そしてどんなことも自分の生きる糧としてしまう…笑

 

 

 

※そう言えばファン時代に作った動画がありました(*´◡`*)ラジオは日本で一番のDJじゃないかって思えるくらいに笑えるんですけどね。

 

な、なつかしい(笑)。私の英語も今より若干ツッコミどころありです。

   ↓↓↓↓ 


【質問3】英語を学んでなりたい自分、叶えたい夢、こんなサービス・イベント・セミナー・講座があったらいいな!何でも自由に教えてください。


■夢でも何でも無いのですが、趣味の映画をもっと楽しめる様になりたいです。字幕では分からないニュアンス、演技をそのまま感じてみたいです!

 

 

ー夢でも何でも無いのですが、趣味の映画をもっと楽しめる様に…

 

夢でも何でも無いことはないです!!

とてもステキな夢です!目標です!

 

英語の聞き取り力を一歩一歩伸ばして行けば、必ず聴き取れる日が来ます。聴き取れるようになれば、字幕では分らないニュアンスや演技をそのまま感じることもできます。

 

今私も中国語で同じ思いに駆られています。

 

これを書いている今はちょうど、リオのオリンピックの真っ最中ですが、卓球の福原愛選手や石川佳純選手が流暢に中国語を話していたり、コーチと中国語でやり取りしている姿を動画で見るたびに『こんなことが本当にできるようになるんだ??』と半ば半信半疑な気持ちになります。

 

もちろんすぐとかラクラクにはムリなんですが、毎日コツコツと練習を続けて行けば、必ず彼女たちのようになれるんです。

 

絶対になれるんです!!!

 

続けさえすれば!!!

 

全くちんぷんかんぷんだった言葉ですら、ちゃんと意味のある言葉として脳が認識するというのは本当にスゴイことだなぁと思うんですよ。絶対不可能でしょ?って思っちゃいそうですが、できるようになるんです。

 

脳がちゃんと意味のある言葉として認識すれば可能になるんです。

 

 

全くできなかった状況→できる状況

 

 

これは天と地の違いがあると思います。できたら本当に楽しいですよね!

 

だから私も今中国語の学習を頑張っています。

 

いかに効果的に、脳に認識させるかがカギだと思っています。

 

できるようになった日の自分を想像してワクワクしながら、今やっている作業がその一歩になるんだと思って頑張ります。

 

こんな毎日なので、今ちょうど行われいてるオリンピックへの感情移入にはすさまじいものがあります(笑)。どんなに彼らが努力を続けてきたか、毎日の練習を続けてきたか、想像するだけで畏敬の念を抱いて胸が熱くなります。

 

正しい方向の練習は絶対に裏切りません!

 

近い将来の自分をイメージしながら、お互いにがんばりましょう!!

 

 

 


 

また長々とお話ししてしまいましたが(苦笑)、chibiさん、今回は声を聞かせてくださってありがとうございました!

 

アンケートに回答くださったり、応援してくださる皆さんにファンキーアコは力をいただいています!

 

何か不明点などあれば、いつでもお気軽にご相談くださいね!