わからない英語は何年かかっても聴けない

 

1週間ほど英語圏に滞在すると

英語が自然にわかるようになる

という説がまことしやかに

言い伝えられています。

 

いろいろなところで

囁かれているので

もうご存知の方も

おられると思いますが

 

これは残念ながら

ありえない説です。

 

もちろんその国に

行った時点での

英語のレベルによっても

大きく異なります。

 

ほとんど完成している場合は

比較的早く耳が馴染むでしょう。

 

しかしながら

俳優の別所哲也さんでさえ

かなりの英語のレベルの段階で

渡米した際に

 

あまりに英語が速すぎて

それにショックを受け

何週間か耳が全く

機能しなかったといいます。

 

これが普通に起こる状態です。

 

英語のレベルが低い場合は

英語自体を理解できていないので

スピードに付いて行く云々の話ではないのです。

 

そのレベルで

英語がわかるようになった

と思う場合は大抵が

 

聴こえる単語からの

推測力によって理解していると

勘違いしている場合がほとんどです。

 

これはファンキーアコ自身が

英語上達の過程で

特に初期の段階で

よく勘違いをしていたからわかります。

 

試しに

聴こえてきた英語を

書き取ってもらうと一目瞭然でしょう。

 

英語回路ができていない場合

まともに通じる英文すら書けないと思います。

 

例え推測で聞き取った場合でも

英語回路があれば

部分的に違っていても

自分なりに正確に再生することは可能です。

 

勘違いしているレベルでは

まともな英文すら書けない状態なんです。

 

ここで言う英語回路は

もちろん文法力ということです。

 

 

 

リスニング力は非常に大切です。

 

聴けないと答えることもできません。

 

話す方ばかりに

比重を置きがちですが

聴く力を伸ばすことも

話す力を付けるのには有効です。

 

そのことについては

以前のこの動画が参考になると思います。

 

 

重要なのは

 

リスニング上達には

少しわからない部分があるものを聴く。

 

スピーキング上達には

わかるものを意識しながらたくさん聴く。

 

そして何よりも大切なのは

ちゃんと文法力を付けて

英語回路を構築するということです。


英語回路がないうちから

決して慣れで海外に行っても

聴き取れるようにはなりませんので。

 

がんばってください(^_-)-☆