【動画】リスニング教材をスピーキングに活かす方法

 ■リスニング教材・ドラマを使ってスピーキング力をアップできる


手持ちのリスニング教材などを

利用してスピーキング上達に活かす方法を動画にしました。

 

『パッと聴いてわかるけど

 自分で最初から

 この表現を言うのは難しい』

 

というものを

 

『自分でも言える』

 

というところまで引き上げるのに

非常に効果的な練習です。

 

動画での説明が足りていませんが

要するにこういうことです。

 


 

 ■やり方


リスニングを伸ばすため

ではないので

簡単なものを利用してください。

 

自分が思うスピーキングレベルより

ずっと低いものを想定してください。

 

内容が100%わかるもの

(完全に聞き取れるもの)

 

または

内容を完全にわかるようにしておく。

 

あらかじめスクリプトを見て

理解しておくのもよいでしょう。

 

それでも難しめのものを狙うと

効果が半減しますので注意です。

 


 

 ■あたかも自分が言っているように…


完全に内容がわかるものを

聴きながら

文がどういう作りになっているか

考えます。

 

一文一文、音声を止めて

確認してもいいです。

 

うーん…

と考えないといけない場合は

ちょっと難し目かもしれません。

 

要するに

『パッと聴いてわかるけど

 自分で最初からこの表現を言うのは難しい』

 

というものを

 

『自分でも言える』

 

というところまで引き上げるには

パッと聴いて

一度で理解できるくらいのものが

一番効果的だからです。

 

センテンスやセリフを聞きながら

頭の中で文章の作りを解明しつつ

自分でも言ってみる。

 

実際に言ってみる

(リピーティング)

 

こういうことを繰り返すのです。

 

 

 ■シャドーイングではダメな理由


シャドーイング程度だと

お手本の音声に影のように

くっついて言えばいいだけなので

 

集中力は要しますが下手をすると

全く理解できない外国語でも

『物まね』をすることはできてしまいます。

 

それでは意味がないのです。

 

だからこそ簡単なものを

利用してほしいのです。

 

スピーキングの上達には

いろいろな方法があります。

 

これはほんの一例ですが

このようにして

 

『既存の(自然な英語)の題材』

 

を利用することで

自分の英語文章への理解と

英語感覚が身について行きます。

 

 

 ■Passive VocabularyがActive Vocabularyになると話せる


動画内では海外に行ってから

なかなか現地の言葉が出ない

子どもさんの話をしました。

 

もちろん子供と大人では

外国語の習得過程は違いがあると思います。

 

しかしながら

『突然英語を話し始めた』

という状況の背景には

共通の作用があるのではないかと

私は自分の体験を通して感じています。

 

『言えること』

 

というのは自分の知識の中の

ごくごく一部にしか過ぎません。

 

あとの多くは

passive vocabulary

意味を理解しているが

使いこなせない語彙

なんです。

 

その

passive vocabulary

のレベルが上がって

active vocabulary

意味を理解して使いこなせる語彙

 

になったときに

言葉として発せられる

脳の働きとしては

 

大人も子どもも

同じではないかと感じています。

 

だから大人になってからでも

質のよい量をこなす練習

をすることで

 

必ず英語は話せるようになります!

 

 

 ■文章の作りがわかっていないと効果が半減する理由 


こちらの記事で紹介した

 

スピーキング力をアップさせるのに効果のある練習

 

簡単な文章の言葉を入れ替え

さまざまな文章を作る方法でも

同様でしたが

 

ここでも

英文の構造が完全にわかっている

(ざっくりとした文法の知識が必要です)

 

ということが絶対条件になります。

 

それはなぜか?

 

それはこちらで詳しく説明しています。

 

 スピーキング上達になぜ文の構造を知っている必要があるのか

 

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。