どこでもできる!スピーキング上達に効果のある練習

先回の記事

スピーキング力を上げたいのに試験勉強じゃダメな訳

 

では、なぜ試験勉強が

英語力上達に効果があったとしても

スピーキング力においては

直接の効果がないかをお話ししました。

 

この記事では

まだまだ使える表現が少なくて

自由会話が出来ないうちから


いつでも気軽にできて

なおかつ頭と口を使う

練習法を紹介します。

 

これは私自身集中して行うことで

スピーキング力が一段階

上がったのを実感した方法です。

 

確実に効果がありますが

文法事項を理解していないと

効果が半減しますので注意です。

 

その方法は

以前アメブロでも紹介したのですが

■突然の待ち時間に私が行った最もスピーキング上達に効果のある方法 

 

今日は具体的に文章を使って

説明しましょう。

 

使うものは

簡単な文章が書かれた本。

 

私は以前は

くもん『中学英文法』

という本を使いました。

 

完全に文法を理解できるもの

を使用してください。

 

決して難しめなものを

最初から使わないでください。

 

レベルが上がるにしたがって

使うもののレベルも

上げていけばいいですから。

 

例えばこんな文章があったとします。

 

I know Mary.

 

音読レベルなら一度読んで

『理解できるし~』

という簡単なものでしょう。

 

多くの人がこの時点で

『おっけ~おっけ~次!』

とスルーしてしまうから

スピーキングが伸びません。

 

これをさまざまに変化させます。

 

【まずは主語を変える】

You know Mary.

(意味がヘンでも気にしないでください)

He knows Mary.

She knows Mary.

(自然に三人称単数の-sが出るかどうか)

They know Mary.

It knows Mary.

(意味は関係ないです)

 

【疑問形にしてみる】

Do I know Mary?

(知るか!という感じですが気にしない)

Do you know Mary?

Does he know Mary?

Does she know Mary?

(一瞬でDoesを頭に持ってこられるか?)

Do they know Mary?

Does it know Mary?

 

【それぞれに答えてみる】

Yes, I know Mary.

Yes, you know Mary.

Yes, he knows Mary.

Yes, she knows Mary.

Yes, they know Mary.

Yes, it knows Mary.

 

ここでいちいち

Yes, I do. I know Mary.

としてももちろん構いません。

 

要するに速く文章を入れ替えて

口から出せれば何でもいいのです。

 

これは文法知識があればあるほど

どんどん多くの形に変化できます。

 

【過去形/否定形にしてみる】

Did I know Mary?

Yes, I did. I knew Mary.

No, I didn't.

I didn't know Mary.

I did know Mary. (強調の言い方)

 

【現在完了形を使ってみる】

Have I known Mary?

Yes, I have. I've known Mary.

No, I haven't.

I haven't known Mary.

 

【いろいろと派生させてみる】

I've known Mary for 4 years.

I've NEVER known her before.

I'm afraid that I don't know her.

Do you think that I've known her?

I know of her, but don't know much about her..


【Maryの部分を他の代名詞にしてみる】

I know him.

You know him.

He/She knows him.

They know him.

↑これらを過去形・否定形で

 

Do I know him?

Do you know him?

Does he/she know him?

Do they know him?

↑これらを過去形で

 

その他未来形willや

be going to を使ったり

 

目的語はherにして肯定文の頭に

Do you think?

を付けるだけのパターン

Do you think I know her?

Do you think he knows her?

Do you think she knows her?

Do you think they know her?

 

それにWhyを付けて

Why do you think I know her?

Why do you think he knows her?

Why do you think she knows her?

Why do you think they know her?

 

上記の形に

I have no ideaをくっつけて

I have no idea why you think I know her.

(do you?の文ではなくなる)

I have no idea why you think he knows her.

I have no idea why you think she knows her.

I have no idea why you think they know her.

 

会話風にして

 Oh, I don't know them. 

I can't believe I don't know them.

 

It's so surprising that you don't know them.

 

主語や目的語も自由に入れ替えて

How come they didn't know you?

I don't know why they didn't know me.

 

構文を使ってみたり

It's impossible for me to believe that she didn't know me.

 

She wanted to know him so much that I introduced him to her.

 

・・・・

 

これはどんな文章でも

永遠に続くほどにパターンがあります。

 

文法知識や使える構文パターンが

増えれば増えるほど

いろいろな言い方ができるようになります。

 

そして英語は単純に

言葉のカタマリのブロックを

積み重ねたり入れ替えたりするだけ

ということがわかってきます。

 

最初からあれこれやらなくても

まず自分が考えられるだけの

入れ替えパターンを作ってみて

 

そこに少しずつ新しいパターンを

作って行けばよいです。

 

この練習の目的は

英語をとっさに入れ替え

速く口から出すこと

 

そして

 

時制の変化や

三人称単数のSの移動などに

感覚的に慣れるということです。

 

待ち時間などに本を読むのもよいですが

ほんの少しの英文を持って行って

それを様々に作り替える練習

をするのも面白いですよ。

 

※外出先では声を出さず頭の中だけでします。

 

何もすることがないときにこそ

こういう単調な作業に集中できます。

 

ツマラナイからやらない…

と言っていては

スピーキングは上達しません。

 

普段英語を話さなくても

生活できるならなおさらです。

 

実際の自由会話は

もっとスキルを必要としますが

まずこの練習の時点で危ういと

ちゃんとした文章を作るのは不可能

です。

 

どんなことでも基礎が大事。

こういう練習で

基礎をかためて行ってください。

 

信じてください。

効果は絶大ですよ!

 

今後

練習用のお手本・動画での説明

を作成しようと思っています。

ご期待ください。



 ********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。