母語の訛りってどうよ?

よく臨界期を過ぎてからの

外国語習得においては、

母語に引きずられると聞きます。

 

母語の訛りがチラホラするのは

発音において

いかがなものなんでしょうか?

 

私は

 

外国人として

多少の訛った英語で話すことは

通じる限り問題は全くない

 

と確信しています。


訛りはその人の

アイデンティティを表します。

 

自分が何人であるかということ。

これは非常に大切な事実です。

 

むしろ訛りがあるおかげで

愛嬌を感じられたり

セクシーに聞こえるとも!

 

外国語を話すとき限定の

別のキャラクター

を確立することすらありますよね。


日本語を話す外国人さんでも

よくありませんか?

 

日本語を話すときは

ナンだかコミカルな

外国人タレントさんが

 

母語を話すときには

何だかフツーの常識人

になってしまう場面とか。

 

訛りももちろん

『通じることが前提』

であればOKです。

 

どの人にもやさしい

ニュートラルな発音を

心掛けましょう!

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。