【体験談】未知の世界

※これは2012年の

アメブロ記事を元に書き直したものです。

 

 

前回のブログで触れた

【体験談】英語を始めたきっかけ-NHKラジオ講座で勉強開始(2)

当時飛び込んできた

もう一つの英語の情報とは

 

新聞の一面広告にあった

ある小説家の実話らしき話。

 

その小説家は

英会話が結構得意らしい。

 

そしてよく外国を旅行すると。

 

その時にいつも

現地の酒場に寄るのだそうだ。

 

そして現地の人と

英語で会話をするのだそうだ。

 

しかし…いつも

ある程度の簡単な会話は

問題なくできるのだが

 

それ以上にはどうしても

進まない会話の展開になるらしい。

 

『挨拶英会話』では

立ち入れない世界だと言うのだ。

 

当時の私は

この話を読んでも

何のことやらさっぱりわからなかった。

 

これが何年もののち

自分を英語難民へと

いざなうことになろうとはつゆ知らず…

 

まだ英語を始める前の

初々しい頃の自分なのだった。

 

(このことにはまた機会をみて触れたいと思います)

 

 

次の記事

【体験談】重大な告白をします。

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。