日本人として英語発音ココは押さえたい


以前

発音を習っていたのが

アメリカ英語に

傾倒している先生だった。

 

先生自身は努力の人で

毎日毎日

英語を発音していたら

 

ネイティブみたいに

発音できるようになったという。

 

私は発音矯正したくて

レッスンを受けたのに

当時は発音を極める意味が

今一つわからなかった。

 

…というか

わからなくなった。

 

発音に時間をつぎ込むのは

時間の無駄ではないのか?

とさえ思った。

 

いつぞやは

ある表現を言ってみたら

 

今の誰が聴いても

アメリカ人に聴こえますよ!

 

ナイスですと褒められた。

 

でも何だか腑に落ちなかった。


アメリカ人に

なりたいわけじゃないし!

 

と。


今思うことは

 

英語ネイティブと

同じになる必要はない

 

(同じになるためにつぎ込む時間は勿体ない)

 

日本語の訛りが

チョロチョロするのも

オッケー。

 

しかしながら

 

通じるための

正確でニュートラルな発音を

身につけた方がいい

 

ということだ。


発音には法則があるので

一度理解して

体得すれば一生ものだ。

 

それはユニバーサルで

歌の英語にも応用が利く。

 

何より英語が

通じやすくなるのは嬉しい。

 

(通じる英語には

ボイトレも大きく関わってくるが)

 

あの時はこだわり過ぎと

思った先生のレッスンも

 

そのおかげで習得できたから

ありがたいと思う。

 

そしてあの時は

 

日本人として

どうあるべきか?

どう英語を

発音して行けばいいのか?

 

本当にわからなくて

先生に詰め寄ったが(笑)

 

今ははっきりとわかる。

 

ちなみに先生から

返事はなかったから

先生もわからなかったりして(苦笑)

 


********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。