大人やり直し英語に必要な英語●●●力

大人はついつい

難しいところから

英語やりなおしをしがちです。

 

それ完全に過信です。

 

大卒の方はとりあえず

 

ビジネス英語くらいから

やるのが妥当かな~

 

とか考えるでしょう。

 

それ完全にタカくくってます。

 

卒業後日常的に

よほど英語と

触れ合っていない限り

 

普段日本語でばかり

生活している場合

 

中学英語ほどのフレーズも

なかなか出てこないはずです。

 

発音においては残念ながら

完全なる日本語発音でしょう。

 

外来語が溢れていますが

日本人にとっての英語は

それほど非日常です。

 

日本人は小中高と

12年も英語を勉強したから

適度に英語を知っている

思いがちです。

 

しかし

知っているのと

自分で英文を作り

とっさに口から英語を出すのは

 

全く使う脳の部分が違います。

(専門家じゃないですが言い切りました)

 

自転車みたいに

何年かのブランクで

再びトライするのと

ワケが違います。

 

それは

一度マスターしているから

できるんです。

 

あとは思い出すだけだから。

 

しかし英語の場合は違います。

 

おそらく過去にも

一度も出来ていない

と思います。

 

大人の場合はほとんどが

英語●●●力がないのに

多少英語を聴くくらいで

英語はまずまずできると

勘違いします。

 

さてこの

英語●●●力とはなんでしょうか。

 

私はこのブログで

英語回路(脳)とも呼んでいますが

 

ずばり

英語運用能力のことです。

 

文字通り

英語を運用する能力です。

 

これは英語のリスニングを

していても伸びません。

 

英語のしくみを

意識しながら

 

英文を組み立てる練習

英語を口から出す練習

 

を行わない限り伸びません。

 

しかし朗報があります。

 

この能力は非常に

運動の能力と似ているので

 

練習すればしただけ

上手になります。

 

ただし…

闇雲にやっても

時間ばかりかかります。

 

正しい練習方法で

ある程度の時間をかけて行う

 

それにより

英語が苦手な日本人でも

間違いなく

英語が話せるようになります。

 

英語回路ができれば

英語脳ができれば

英語運用能力が付けば

 

自由に英語を話すことが

可能になります。



********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。