【体験談】ホンモノ?ニセモノ?(1)


 

※これは2012年のアメブロ記事を元に書き直したものです。

 

 先回の

 

2015年06月19日 - 重大な告白をします。

 

からの続き。

 

 


生の英語がわからないジレンマ


 

 

実は英語を話せない…

 

と気後れする理由というのは、まるで根拠のないものではありませんでした。

 

英会話教室など、一対一で話す場では先生と会話できている気がしたんです。

 

(先生が私のレベルに合わせてくれるからね)

 

 

でも、外国人の集まりに参加したときなどは

 

飛び交っている英語が全くわからない!(汗)

 

(これはかなり衝撃でしたね)

 

または

 

映画やドラマを観ても

 

英語が速すぎてわからない!(汗)

 

・・・・

 

そんな実体験に、基づいていたのです。

 

 

 

 


■私の英語はニセモノなのか??


 

 

英語の試験がそこそこ出来ても、結局生の英語がわからない。

 

 

『ホンモノ』がわからないなら、自分がやっているのは『ニセモノ』なのか!??

 

 

このことが

 

自分が実は英語があまりできないと思う一番大きな原因

 

となっているのは、自分でもわかってはいたのです。

 

 

でも、まだわからなかったこと。

 

それは…

 

 

そもそも、ホンモノの実体ってナンだ??

 

ニセモノをホンモノにするにはどうすればいいんだ?

 

ニセモノってホンモノにできるの??

 

 

ということだった

 

 

(つづく)

 

 

次の記事

【体験談】ホンモノ?ニセモノ?(2)

 

 

 


********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

 

コーチングも行います。