間違ってもいい!英語を使いながら覚えよう!

続きを読む

【英語力アップ】カンタンなものをたくさん!子どもの本から制覇する!

続きを読む

語学学習継続の大変さ

続きを読む

日常に追われてついつい学習が後回しになってしまったときの対処

続きを読む

【予告】中級~本物の英語力を身につけるために必要な練習法などを紹介

続きを読む

今の自分に合った指標を見つける

続きを読む

【ブレークスルー】上達が感じられないときに絶大の効果!

続きを読む

文を覚えるのに年齢は関係ない!●●あるのみ!

続きを読む

【コメント紹介】やればやるほど上達するスピーキング練習法動画

 

ファンキーアコです。

 

昨日に引き続き、中国語の強化合宿に籠っている山よりお届けします。

 

日差しがやさしいなぁ~!癒されて練習も進みます!

 

続きを読む

日本人の自分の英語はホンモノ?ニセモノ?-長年のこの問題に私はこう決着をつけた!(日本人としての英語・発音などの重要な気づき)

続きを読む

英語回路・英語脳・英語基礎体力はなにか?について私の体験談と考えを述べます(練習方法紹介あり)

続きを読む

夢を追い続ける覚悟がありますか?今日は私が共感した、ある初級学習者の方の気づきと決意を紹介します。

続きを読む

■大人の英語やり直し―どこから始めるのがいい?私の経験を通してお話しします。

続きを読む

■NHK教育テレビ 『ゲーリーさんの英語レッスン』で観た学校英語の実態

続きを読む

アンケート回答とファンキーアコの人生観など紹介します!

続きを読む

■読者の方に共感できるコメントをいただきましたのでシェアさせていただきます!

続きを読む

生の英語を聴きとるために必要なこと★効果のあるカンタンな練習方法

 

 

ネイティブが本気で話す速い英語や非常に崩れた英語を聴きとるのは難しいと感じるでしょうか。

 

確かに難しいです。

 

これを克服するためにまず2つの避けられないハードルがあります。

 

1.英文自体を理解する力がある

 

これはゆっくりはっきりと発音されたときに確実に理解できるということです。この時点で理解できないものは音が速くなったり崩れたりしたらもっと理解不能になるのは想像に難くないでしょう。


この場合英文を理解する力になるものは


・文法(文の構造)知識

・語彙・表現力

・上記を踏まえたうえで、一部聴こえない部分を補うことができる推測力


が必ず必要になります。

 

 

2.『速く発音されることで崩れた音』を理解している

 

ネイティブは普段英語を省エネで発音しています。その方が楽に発音できるからです。

 

省エネで発音される音は、音の脱落やリエゾンなどが頻繁に起こり、パッと聴いたときに全く別の音になる場合が多々あります。特にカタカナで既に知っていた英語は日本語での発音に比べアクセントの強弱が付くため、より強くそう感じるでしょう。

 

 

例えばものすごく簡単な例ではMcDonald's(マクドナルド)という単語。

 

英語を始めたばかりの私の友人は、ある有名な英語教材の初級編を聴いていて、話の中に『マクドナルド』という単語があるはずなのに全く聞こえなかったと驚いていました。

 

それもそのはず、この単語はカタカナ読みとは程遠く(正確にカタカナ表記にはできませんが)

 

マクナー

 

(太字部分がアクセント)

という感じで発音されるから。全くもって『マクドナルド』とは程遠い…。

 

でも友人はマクドナルドがこの音になるという知識をインプットしたので、次からはこの音を聞くことができました。

 

要するに英文の理解自体がきちんとできていて、音の変化の法則がわかっていれば、速い英語を聴きとることは決して難しいことではないんです。

 

まずは1の英文自体を理解する力を上達させることに注力すべきです。ここをおざなりにすると、英語理解の基礎ができず、永遠に何となくしか聴けない状態で頭打ちになります。

 

しかし、英語の文法を比較的しっかりと学んでいても、クリアに録音された音声ばかり聴いていたらずっと生の英語は苦手なままになってしまいます。

 

多くの英語学習者はこの時点で生の英語に圧倒され茫然となると思います。実際私もそうでした。なまじ英語を『勉強』してしまっているので、生の英語に太刀打ちできなかったときの挫折感と焦燥感・空虚感はすさまじいものがあります。

 

まるで完全に道に迷った子羊のよう・・・これぞ立派な英語難民。

 

ある程度の段階まで来たら、どんどん生の英語に近いものに耳を慣らしていく必要があるのですが、そのとき自分でもできる意外な練習法があります。

 

それは自分で速く発音しながら音読するということです。

 

しかしこの方法は、できればネイティブに近い発音が再現できた方が効果が倍増するでしょう。なぜなら速く話されることで起こる音の変化をより実感できるため、実際の崩れた音に一層耳が慣れるからです。

 

間違った音で繰り返してしまうと効果が薄いどころか逆効果になる恐れさえありますが、正確に行えていれば、生の英語を聴いたときにすでに知識として理解している音の変化に面白いように耳がついて行くのを実感できるでしょう。

 

これぞまさに音をキャッチするという感覚です。これはある種、英語を学ぶ上で味わう、この上ない喜びの一つ。

 

そしてこの時折訪れる上達の実感があるから勉強を続けて行ける!

 

そして英文・単語・表現自体の理解がすでにあれば、一瞬聞いた音(つながっていようと崩れていようと)でも音が認識でき意味が把握できる⇒結果、速い英語が理解できるという自然な流れが起きます。

 

『リスニングは運動能力と似ているところがあるので、たくさんリスニングをするだけでもリスニング力を一時的に伸ばせる』と言っている某著名な大学教授の記述を見たことがありますが、闇雲に一時的にたくさん聴いても残念ながら劇的なリスニング力強化にはなりません。

 

ある程度発音の基礎を学んだら、速く音読する方法でリスニング力を一段上げてみてください!

 

また、一度習得したスキルは、なかなかすぐに落ちることはないように思いますが、私自身は少しリスニングをさぼっていると英語を聴きとりにくくなるのを感じます。

 

しかし、時折日頃の自分にカツを入れるかのごとくリスニングに特化した練習を1日~2日行うだけで、聴き取りが楽になります。

 

この場合でももちろん、理解できない英文が自然にわかるようになることはなく、『音の聞き取り』だけが断然楽になるという感じです。その上で英文は理解できていたのに聞こえなかった部分が聞こえるようになる⇒英語の理解が進むという具合です。

 

つい最近も、英語を極力速く読む練習を2日ほど行ったところ、ここ最近聴き取りが曖昧になっていたアメリカのカトゥーン『サウスパーク』のセリフが、クッキリと(そして多少ゆっくり目に余裕を持って)聴こえるようになりました。耳が音について行くようになったという感覚です。

 

リスニング力を上げるためには日々の正しい努力と、ある程度の力がついてからも努力を継続する必要があるということですね。

 

それでもやればやっただけの成果が正直に出るのも、英語の上達の醍醐味ではないかと思います。

 


 

 

 

 

 

0 コメント

わからない英語は何年かかっても聴けない

続きを読む 0 コメント

2/3 見せかけの付け焼刃英語力に嫌気がさした私は…

続きを読む 0 コメント

1/3 私が2年目に英語を突然話し始めたように見えた理由

続きを読む 0 コメント

英語やりなおしのポイント

続きを読む 0 コメント

英語やり直し私の場合

続きを読む

NHK語学講座を使った学習のデメリット

こちらの記事では

【体験談】英語を始めたきっかけ-NHKラジオ講座で勉強開始(2)

 

私が英語の再勉強を始める際

NHKのラジオ講座を利用した

とお話しさせていただきました。

 

もちろん間違った方法では

ありませんでしたが

NHK講座を使う場合の

注意点などについてお話しします。

 


■思い切って中1レベルから開始

最初使ったのは

『基礎英語』という

中学1年生向けの

一番簡単なものでした。

 

そして他にも平行して

中学2年生向けの『続基礎英語』

という番組も受講していました。

 

当然2年生向けの講座は

1年生で習う文法事項を

すでに網羅しているため

 

1年向けのものよりも

やや難しいと感じましたが

 

すでに中学時代に

習った内容でしたので

 

思い切って最初に戻って

やり直す作業のハードルは

 

それほど

高いものではありませんでした。

↑(ここ重要です)

 

毎日朝6時開始の番組に合わせ

起床しての受講でしたが

 

学生時代を思い出すようで

楽しくもありました。

 

それで2年ほど勉強を継続。

(2年目は中2向けを中心に)

 

やっていた内容としては


・1回目はしっかりと

毎回のスキットの解説を聴く

(20分間は集中)

 

・ラジオの音声に合わせて音読

 

・内職をしながら

同じ番組(20分)を1日3回聴く

 

・出てきた新出単語

フレーズなどを覚える作業

 

・録音してある過去の講座を

暇なときに聞き流し思い出す

 

というものでした。

 

初めて英語を

真剣に学びなおすということで

私自身試行錯誤しながらの

作業でした。

 

NHK語学講座では

素晴らしい講師の方々

ゲストのネイティブスピーカー

それぞれの英語を聴くことができ

 

その世界に触れるだけでも

勉強になりますし

結果的には

大変に役立ったと思います。

 

 

■NHK講座で学習する際の注意点

しかし

当時は気づきませんでしたが

 

同時に気を付けたい

デメリットも存在すると

今になって思います。


重要なものとしては

 

●完全独学のために

適当に学習して満足してしまう

(やった気になるだけ)

 

●発音に関しては

チェックを受けることが不可能

 

●講座の期間が長く(当時は1年)

少しずつしか進まない

 

●具体的に話せるようになる

コツのHOW TOよりも

物語にそって講義が展開される

 

という部分です。

要は


英語を話せるようになるために

特化した自分の学習方向を

客観的にチェックする機会がない

 

ということですね。

 

 

■NHK講座の有意義な活用法

もちろんNHK語学講座の

利用の仕方によっては

より効果的にすることは

可能でしょう。

 

女優の黒田福美さんは

NHK韓国語講座の

テキストに載っている文章を

 

とにかく全部暗記して

上達させたと言います。

 

上記のような注意点を

考慮しながら

学習を進めると一層効果的ですね。

 

また、

同じテキストを使うにも

 

ただ受け身で受講する

 

のと

 

テキストの文章を使って

能動的に学ぶ

 

というのでは

結果は雲泥の差となります。

 

またこの方法は

別の機会にお話しします。

 


********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

多少乱暴だが確実に上達を感じる方法

続きを読む

大人やり直し英語に必要な英語●●●力

大人はついつい

難しいところから

英語やりなおしをしがちです。

 

それ完全に過信です。

 

大卒の方はとりあえず

 

ビジネス英語くらいから

やるのが妥当かな~

 

とか考えるでしょう。

 

それ完全にタカくくってます。

 

卒業後日常的に

よほど英語と

触れ合っていない限り

 

普段日本語でばかり

生活している場合

 

中学英語ほどのフレーズも

なかなか出てこないはずです。

 

発音においては残念ながら

完全なる日本語発音でしょう。

 

外来語が溢れていますが

日本人にとっての英語は

それほど非日常です。

 

日本人は小中高と

12年も英語を勉強したから

適度に英語を知っている

思いがちです。

 

しかし

知っているのと

自分で英文を作り

とっさに口から英語を出すのは

 

全く使う脳の部分が違います。

(専門家じゃないですが言い切りました)

 

自転車みたいに

何年かのブランクで

再びトライするのと

ワケが違います。

 

それは

一度マスターしているから

できるんです。

 

あとは思い出すだけだから。

 

しかし英語の場合は違います。

 

おそらく過去にも

一度も出来ていない

と思います。

 

大人の場合はほとんどが

英語●●●力がないのに

多少英語を聴くくらいで

英語はまずまずできると

勘違いします。

 

さてこの

英語●●●力とはなんでしょうか。

 

私はこのブログで

英語回路(脳)とも呼んでいますが

 

ずばり

英語運用能力のことです。

 

文字通り

英語を運用する能力です。

 

これは英語のリスニングを

していても伸びません。

 

英語のしくみを

意識しながら

 

英文を組み立てる練習

英語を口から出す練習

 

を行わない限り伸びません。

 

しかし朗報があります。

 

この能力は非常に

運動の能力と似ているので

 

練習すればしただけ

上手になります。

 

ただし…

闇雲にやっても

時間ばかりかかります。

 

正しい練習方法で

ある程度の時間をかけて行う

 

それにより

英語が苦手な日本人でも

間違いなく

英語が話せるようになります。

 

英語回路ができれば

英語脳ができれば

英語運用能力が付けば

 

自由に英語を話すことが

可能になります。



********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 

 

0 コメント

【体験談】発音の省エネシステムがわかった瞬間

このブログに記事を書くにあたり

過去のアメブロ記事

閲覧していました。

 

ずっと

『英語という怪物の正体』

を暴きたくて

ドタバタしている時代を

懐かしく思ったのだけれど

 

その中でも特に

発音に関して

 

目からウロコ

妙に腑に落ちる瞬間

 

について

書かれているところが

あったのでシェアします。

 

【必読】暴かれたホンモノの正体 

 

要するに

英語は文章において

一つの単語が

きっちり発音

されているわけではなく

 

withやforなどの前置詞や

さほど重要でない言葉を弱めに

 

逆に強調したい言葉は

強く長く発音すること

 

そして

単語と単語がくっついて

リエゾンすることで

一つ一つの単語を

ただくっ付けただけとは

 

聴こえてくる音が

ぜんぜん違って聴こえる

 

ということに

知識では知っていたけど

実体験として気が付いた

という日の記録でした。

 

特に

強いところ弱いところに

コントラストがつけられて

 

非常にリズミカルに

発音されますが

 

日本語は逆に

あまり強弱のない

平坦な言語なため

 

それと同じように

英語を発音してしまうと

 

ネイティブのお手本から

ほど遠い発音となって

しまうワケですね。

 

これは最初の頃は

なかなかうまくできませんが

 

英語発音の省エネのコツ

を掴んでくると

どんどんわかってきますし

発声するのが楽しくなります。

 

何せリズミカルなので

音楽みたいで心地よい。

 

それが英語の魅力でもありますし(*^_^*)

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 

 

 

【体験談】外国語と母語の不思議

※これは2012年02月時点での

アメブロ記事を元に書き直しました。

 

■ずっと抱えてた疑問

なぜ外国語は母語のように

自然な表現を

使うことができないのか?


ずっと不思議だった。

 言葉の使い方が

微妙に違うのだ。

 

そして同じ国の人は

日本語でも同じ間違いをする。

これも興味深い。


例えば日本語であれば

私たちにとっての母語なので

どこがどう違うのかは

自然にわかる。


例えば

どうして違うの?

とは言うが

どうして違うある?

とは言わない。

 

なぜ?と聞かれても

そう言わないからだ

としか答えられない。


そのどこがなぜ

どういう理由で不自然なのか?

 

それを説明することはできない。

 

ただ、

違うということはわかる。

 

そしてより自然な言い方を

選ぶことができる。


これはなぜなのだろう?

 

これどうしても

腑に落ちなかった。

 


■どうやって習得すればいいのだ

子どものときから

その言語に触れていないと

永遠にわからないままなのか?

 

文法的に正しくても

不自然な英語を使うなんて

大人として恥ずかしい…

 

そんな気持ちさえあった。


外国人だから

完璧じゃなくても

いいんじゃないか。

 

果たしてそうなのだろうか。

 

そんな細かいことに

とらわれているから

上達しないのだろうか。

 

そこがどうしても不可解で

知りたい興味が

どんどんわいて来た。


母語と外国語は

どうして違うのだろう?

 

外国語は母語からは

永遠に遠い存在なのだろうか?


いったいどうやって

習得すればいいのだ!!

 

(つづく)

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。


あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 


0 コメント

【体験談】夢のコンフォートゾーン。

※これは2012年の

アメブロ記事を元に書き直したものです。

 

 

この頃小耳に挟んだ見解に

 

大人における

日本語と英語の

習得方法は同じ

 

というものがあった。

 

本当にそうなのだろうか?

当時の自分にはわからなかった。

 

英会話においては

ちょっと話ができて

嬉しいというような時期は

とっくに過ぎていた。


いつまで経っても

母語の快適さに

近づかないことだけが

苦痛だった。


いつも想像しては

憧れた。

 

英語という抽象的な物体が

頭の周りあたりで

ふわふわしていて

 

特に意識もせずに

口を開くと

英語の文章が出てくる。

 

ちゃんと通じる英語が…

 

不自然な表現口走る

心配も何もない、

コンフォートゾーン。


外国語が母語みたいに

楽に話せたら

どんなに素敵なのだろう。


外国語だから

母語みたいに

できなくてもいいんだよ。


ということかも知れない。


でも

どうしても

『英語という怪物の謎』

を暴きたいと思った。

 

(つづく)

 

次回の記事

【体験談】外国語と母語の不思議

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 

 



0 コメント

【体験談】英語を話すって宇宙旅行くらい非現実的?

※これは2012年02月時点での

アメブロ記事を元に書き直しました。


こちらの記事で書いた

 【体験談】英語難民に新たな疑問が…

 

英会話練習の本の表現が

自然か不自然か?

というのに関連した話。

 

 

■宇宙旅行くらい非現実的?

私が英語を話せないと

感じる原因の一つに

以下のことがありました。


自分の表現が

自然かどうかわからないから

使うのを躊躇する


聞いた話では

出版されている会話本の中にも

ネイティブが


ナンだこの表現は!?

 

と笑ってしまうような

会話が存在するとか…


これが本当だとすると

ネイティブにしかわからない

微妙なニュアンスを

 

ノンネイティブが

何を頼りにして

判断すればいいのだ??

 

明らかに現在の分じゃ

到底太刀打ちできやしない…

 

そう考えただけで、

できるだけ自然な英語を

話したいという気持ちが萎えて

 

宇宙旅行くらい

非現実的なことのように

思えてくる…


ある先生が

私の発音や方向性

センスは間違っていない

と言ってくれました。


でも、

英語をやればやるほど

 

英語を母語として話す人々や

外国人でありながら

母語のように英語をに使える人々を

 

遠く感じてしまう

この数年だったのです…。

 

(つづく)

 

次回の記事

【体験談】夢のコンフォートゾーン。

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。


0 コメント

【体験談】英語を始めたきっかけ(1)

続きを読む 0 コメント