【通じる英語を話すために】私が発音が大切と思う理由

続きを読む

イギリス英語の発音を勉強中です!

続きを読む

日本人の自分の英語はホンモノ?ニセモノ?-長年のこの問題に私はこう決着をつけた!(日本人としての英語・発音などの重要な気づき)

続きを読む

■大人の英語やり直し―どこから始めるのがいい?私の経験を通してお話しします。

続きを読む

発音を追求するのはネイティブ信仰か?

続きを読む 0 コメント

発音を同時進行で学ぶのがいい理由

続きを読む 0 コメント

日本人として英語発音ココは押さえたい


以前

発音を習っていたのが

アメリカ英語に

傾倒している先生だった。

 

先生自身は努力の人で

毎日毎日

英語を発音していたら

 

ネイティブみたいに

発音できるようになったという。

 

私は発音矯正したくて

レッスンを受けたのに

当時は発音を極める意味が

今一つわからなかった。

 

…というか

わからなくなった。

 

発音に時間をつぎ込むのは

時間の無駄ではないのか?

とさえ思った。

 

いつぞやは

ある表現を言ってみたら

 

今の誰が聴いても

アメリカ人に聴こえますよ!

 

ナイスですと褒められた。

 

でも何だか腑に落ちなかった。


アメリカ人に

なりたいわけじゃないし!

 

と。


今思うことは

 

英語ネイティブと

同じになる必要はない

 

(同じになるためにつぎ込む時間は勿体ない)

 

日本語の訛りが

チョロチョロするのも

オッケー。

 

しかしながら

 

通じるための

正確でニュートラルな発音を

身につけた方がいい

 

ということだ。


発音には法則があるので

一度理解して

体得すれば一生ものだ。

 

それはユニバーサルで

歌の英語にも応用が利く。

 

何より英語が

通じやすくなるのは嬉しい。

 

(通じる英語には

ボイトレも大きく関わってくるが)

 

あの時はこだわり過ぎと

思った先生のレッスンも

 

そのおかげで習得できたから

ありがたいと思う。

 

そしてあの時は

 

日本人として

どうあるべきか?

どう英語を

発音して行けばいいのか?

 

本当にわからなくて

先生に詰め寄ったが(笑)

 

今ははっきりとわかる。

 

ちなみに先生から

返事はなかったから

先生もわからなかったりして(苦笑)

 


********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 

 

 


0 コメント

母語の訛りってどうよ?

よく臨界期を過ぎてからの

外国語習得においては、

母語に引きずられると聞きます。

 

母語の訛りがチラホラするのは

発音において

いかがなものなんでしょうか?

 

私は

 

外国人として

多少の訛った英語で話すことは

通じる限り問題は全くない

 

と確信しています。


訛りはその人の

アイデンティティを表します。

 

自分が何人であるかということ。

これは非常に大切な事実です。

 

むしろ訛りがあるおかげで

愛嬌を感じられたり

セクシーに聞こえるとも!

 

外国語を話すとき限定の

別のキャラクター

を確立することすらありますよね。


日本語を話す外国人さんでも

よくありませんか?

 

日本語を話すときは

ナンだかコミカルな

外国人タレントさんが

 

母語を話すときには

何だかフツーの常識人

になってしまう場面とか。

 

訛りももちろん

『通じることが前提』

であればOKです。

 

どの人にもやさしい

ニュートラルな発音を

心掛けましょう!

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。

 



【体験談】発音の省エネシステムがわかった瞬間

このブログに記事を書くにあたり

過去のアメブロ記事

閲覧していました。

 

ずっと

『英語という怪物の正体』

を暴きたくて

ドタバタしている時代を

懐かしく思ったのだけれど

 

その中でも特に

発音に関して

 

目からウロコ

妙に腑に落ちる瞬間

 

について

書かれているところが

あったのでシェアします。

 

【必読】暴かれたホンモノの正体 

 

要するに

英語は文章において

一つの単語が

きっちり発音

されているわけではなく

 

withやforなどの前置詞や

さほど重要でない言葉を弱めに

 

逆に強調したい言葉は

強く長く発音すること

 

そして

単語と単語がくっついて

リエゾンすることで

一つ一つの単語を

ただくっ付けただけとは

 

聴こえてくる音が

ぜんぜん違って聴こえる

 

ということに

知識では知っていたけど

実体験として気が付いた

という日の記録でした。

 

特に

強いところ弱いところに

コントラストがつけられて

 

非常にリズミカルに

発音されますが

 

日本語は逆に

あまり強弱のない

平坦な言語なため

 

それと同じように

英語を発音してしまうと

 

ネイティブのお手本から

ほど遠い発音となって

しまうワケですね。

 

これは最初の頃は

なかなかうまくできませんが

 

英語発音の省エネのコツ

を掴んでくると

どんどんわかってきますし

発声するのが楽しくなります。

 

何せリズミカルなので

音楽みたいで心地よい。

 

それが英語の魅力でもありますし(*^_^*)

 

 

********

学習方法に関して

わからないことなどは

お問い合わせからお気軽にどうぞ。

 

あなたの英語学習をサポート!

コーチングも行います。